お肌の悩み別ケア

お悩み別エイジングケア対策とおすすめアイテム5選

投稿日:2017年12月18日 更新日:

年齢を重ねると、しわやたるみ、シミなど肌の衰えが現れてきます。肌の老化は避けられないものですが、できるだけ進行を遅らせたいですよね。そこで、早いうちからのエイジングケアをおすすめします。今回は、「しわ」「たるみ」「シミ」「くすみ」といった、年齢による肌悩みの原因と対処法を解説。あわせて、エイジングケアにおすすめのアイテムもご紹介します。

 

気づかないうちに肌老化は進行!早めのケアが大切

肌トラブル_女性

 

 

加齢とともに肌のトラブルや悩みは変化します。

具体的には、

  • シミが増えてきた
  • ほうれい線が目立つようになってきた
  • あごの下がたるみ、フェースラインが変わってきた
  • 目元や口元のシワが気になる
  • 肌のくすみが気になる

 

こうした年齢による肌の変化やトラブルは「エイジングサイン」や「年齢サイン」と呼ばれています。元々の肌質や生活習慣などによって、こうしたエイジングサインを感じ始める時期には個人差があるものの、実際には20歳頃をピークに肌は衰え始めており、気づかないうちに肌の老化は進んでいるのです。ですから「まだ年齢による肌トラブルや変化を感じていない」という方も、早めのエイジングケアが大切になります。

 

 

お悩み別エイジングケア対策

エイジングケア_女性

 

代表的なエイジングサインが「しわ」「たるみ」「シミ」「くすみ」。効果的なエイジングケアのためにも、それぞれの原因と対処法を知っておきましょう。

 

しわ

【原因】

肌の弾力やハリを保つ働きをしているコラーゲンやエラスチンが、年齢とともに硬くなって弾力を失い、その量も減っていくため、しわができてしまいます。

また、紫外線もしわの原因の一つ。紫外線はコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるため、肌の弾力や柔軟性が失われて、しわが現れるようになります。

【対処法】

スキンケアはハリや弾力を与えるアイテムを取り入れて。コラーゲンの生成を助けるレチノールやビタミンC誘導体を配合したものがおすすめです。また、しわは顔の動きに沿ってできるため、「眉間にしわをよせる」など表情のくせに注意しましょう。

 

たるみ

【原因】

しわが進行すると、たるみとなって現れてきます。加齢や紫外線の影響によって、肌の弾力は低下します。そして皮膚だけでなく、その下にある皮下組織や筋肉が衰えることで、たるみが起こるのです。

【対処法】

たるみはしわよりも深い部分での変化なので、一度できると改善が難しくなります。できるだけ早めのケアが肝心です。レチノールやビタミンC誘導体を含んだ化粧品でケアしましょう。また、フェースエクササイズで顔の筋肉を活発に動かしたり、表情筋を鍛えるのもたるみ防止に有効です。

 

シミ

【原因】

シミの一番の原因は紫外線です。紫外線の刺激によって、肌の中にあるメラノサイトが活性化し、メラニン色素がつくられます。通常、メラニンは肌のターンオーバーによって、体外に排出されます。ところが、強い紫外線を浴び続けると、メラニン色素が過剰に生産されて排出しきれなくなり、シミになってしまうのです。


【対処法】

シミ対策は、紫外線を防ぐことが最も重要です。日焼け止めクリームなどを活用して、毎日のUV対策を欠かさないように。スキンケアに美白化粧品を取り入れて、シミができるのを防ぎましょう。

 

くすみ

【原因】

加齢や乾燥によって、肌のターンオーバーがうまくいかず、角質が厚くなっていることが原因。角質はもともとメラニンを含んでいるため、角質が厚くなると肌全体がくすんで見えるのです。また、年齢とともに末梢血管が細くなり、血行が悪くなることも、くすみを引き起こします。

【対処法】

肌のターンオーバーを正常にするため、ピーリングコスメなどで古い角質を取り除くケアを取り入れて。乾燥が原因の場合は保湿をしっかりと行いましょう。血行不良でくすんでいる場合は、マッサージなどで血行促進を。また、睡眠不足や喫煙も血行を悪くして、くすみの原因になるので注意してください。

 

 

おすすめエイジングケアアイテム5選

ここでは、肌にハリや弾力を与えてくれる、エイジングケアにおすすめのアイテム5つをご紹介します。

 

 

ノブ L&W エンリッチローション EX

 

ノブ_化粧水

出典:http://noevirgroup.jp/nov/g/g51610/

 

メーカー:常盤薬品
容量・価格:120mL・5,184円(税込)

敏感肌のための高保湿エイジングケア化粧水。とろみのあるタイプの化粧水で、肌をうるおいのベールで乾燥から守り、みずみずしくハリのある肌に導きます。

 

  

 

 

DEW ローション

 

DEW_化粧水

出典:http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/products/2025191

 

メーカー:カネボウ
容量・価格:本体/レフィル150mL 3種(さっぱり/しっとり/とてもしっとり)・ノープリントプライス

カネボウ独自の保湿成分「ヒアロサポートα」を配合した濃密なとろみのあるテクスチャーで、角層深くまで浸透。肌にハリともっちりとした弾力感を与えます。

 

 

 

 

アスタリフト ナイトチャージクリーム

 

アスタリフト_クリーム

出典:http://shop-healthcare.fujifilm.jp/special/astalift/nightchargecream/

 

メーカー:富士フイルム
容量・価格:本体30g・7,560円(税込)/レフィル30g・7,128円(税込)

高濃度なオイル系保湿成分とアスタキサンチンなどのうるおい成分を配合。濃厚なのに肌にのせると密着してなじみ、夜寝ている間に角層まで働きかけ、ハリのあるツヤ肌に。

 

 

 

 

ソフィーナ リフトプロフェッショナル ハリ美容液EX

 

ソフィーナ_美容液

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B0763N1LPX

 

メーカー:花王
容量・価格:本体40g・5,940円(税込)/レフィル40g・ 5,400円(税込)

花王独自のモイストリフト成分が、肌の角層深くまで浸透。肌をうるおいで満たし、ハリを与えます。

 

 

 

 

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S[医薬部外品]

 

エリクシール_リンクルクリーム_

出典:http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=782701&online_shohin_ctlg_kbn=1

 

メーカー:資生堂
容量・価格:15g ・6,264円(税込)

有効成分純粋レチノールが肌内部のヒアルロン酸の産生を促進。肌の水分量を高め、硬くなった肌を柔らかくして、シワを改善します。

 

 

 

 

肌の老化を避けることはできません。しかし、年齢に応じたスキンケアや生活習慣に気を配ることで、肌の衰えを緩やかにすることは可能です。早いうちからエイジングケアを続けて、年齢を重ねても若々しくいきいきとした肌を目指しましょう。

 

 

 

<参考>
吉木伸子『いちばん正しいスキンケアの教科書 吉木メソッドで美肌になる!』西東社、2014年
吉木伸子『美肌のひみつ』池田書店、2006年
吉木伸子監修『40代からの肌あれ・シミ・しわ対策』旬報社、2004年

コーセー KOSEの紫外線(UV)ケア(http://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/)
資生堂 シセイドウ ビノラボ(http://www.shiseidogroup.jp/binolab/)
公益社団法人日本皮膚科学会 皮膚科Q&A(https://www.dermatol.or.jp/qa/index.html)

 

 

-お肌の悩み別ケア
-スキンケア, 美容液・クリーム, アンチエイジング, 肌トラブル, 化粧水・乳液, シミ, シワ, たるみ, くすみ, 加齢

関連記事

肌悩み_女性

「黒ずみ・開き・たるみ」 3つの悩み別毛穴ケアとおすすめアイテム5選

毛穴が目立つようになる「毛穴トラブル」の原因はさまざま。そのため、それぞれの毛穴の悩みに合わせてケアしないと、トラブルが改善しなかったり、逆効果になってしまう場合も。そこで今回は、毛穴トラブルを3つの …

美白_女性

シミの原因、紫外線対策は一年中がマスト!おすすめ美白アイテム5選

シミができる大きな原因の一つが、紫外線です。若いときからUVケアをしていないと、30~40代になって急にシミが現れることも。シミを防ぐためには、毎日の紫外線対策が肝心です。そこで今回は紫外線でシミがで …

乾燥_トラブル

なぜ肌は乾燥するの?おすすめ保湿アイテム5選も紹介

秋冬の空気が乾燥した季節になると、肌がカサカサになる……。また、最近では季節を問わず1年中乾燥肌に悩まされているという方も増えているようです。このように乾燥肌にお悩みの女性は多いと思いますが、そもそも …

大人ニキビ_女性

繰り返す大人ニキビを改善! 正しいケアとおすすめアイテム5選

繰り返しできてなかなか治りにくい頑固な大人ニキビ。実は思春期のニキビとは原因や対処法が異なります。大人ニキビをできるだけ効果的に予防・改善するためにも、正しいケアを知っておきましょう。あわせて、ニキビ …